【永久保存版】インターネット回線が遅い原因&対策を解明!

インターネットの遅さに頭を抱える人 インターネット回線

「インターネット回線で遅くて動画が止まる」
「イライラして、作業が進まない」
「夜になるとめちゃくちゃ遅くなる」

などインターネット回線は接続できるが速度が遅くて不満があるあなたへ!

この記事ではその「原因」を徹底解明し、対処方法をご紹介します。

原因

<原因を5つに切りわけ>

  1. 受信側の機器:PC・スマホ・タブレット・ゲーム機器など
  2. 送信側の機器:ONU・無線ルーター・LANケーブル
  3. 利用時間
  4. 回線の種別
  5. プロバイダー

受信側の機器が原因

更新アップデートをしていない

原因
  • windowsの更新プログラム
  • iosのアップデート
  • ウィルスソフトのアップデート
  • ブラウザのアップデート
  • 他ソフトのアップデート

対処法
  • 最新のプログラムに更新する

更新プログラムをアップデートしていないと、PCやスマホ自体が重くなります。

また、筆者はPCのFirefoxでyoutubeを視聴中に「遅い」! と不満がありました。
更新を忘れていたので、最新バージョンにすると、2倍くらい体感がアップした経験があります。

ブラウザを変更

原因
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • firefox
  • safari

などブラウザを変えることで、体感速度が変わることがあります。

子機の性能が悪い

原因
  • デスクトップPCのUSB子機
  • デスクトップPCの有線LAN規格
  • ノートPCの無線機能
  • スマホの無線機能

子機が”高速”になるための水準に達していないケース。

対処法
  • 最新PCの買い替え  or LAN配線の切り替え
  • USB無線子機(外部アンテナ)に買い替え
  • PC/スマホ/タブレットを買い替える

送信側が強力な電波を送っても、キャッチする受信側の性能がイマイチだと、速度が十分にでません。

USB無線子機は外部アンテナ”あり”ベストですが、アンテナなしでも高性能な製品はあります。

光パンダ
光パンダ

外部アンテナありの子機は接続感度がよく、接続の安定性が高いよ♪
※動画やゲームが途切れる人におすすめ

有線LANケーブルの規格が古い

原因
  • カテゴリーが古いケーブルを利用
  • LANケーブルが断線している
対処法
  • カテゴリー5e:1000BASE-Tイーサネットの1Gbps(1000Mbps)
  • カテゴリー6:1000BASE-T/TXイーサネットの1Gbps(1000Mbps)
  • カテゴリー6A:10GBASE-T/TXイーサネットの10Gbps

2020年代のインターネット光回線はほぼIPv6に対応し、速度も1Gbps以上が当然の時代です。
LANケーブルは「カテゴリー6以上」を利用しないと、十分な速度が期待できません。

※LANケーブル寿命は「20~30年は使用可能と言われていますが、コネクタのツメの不具合で故障することがあります。
10年前のケーブルなら、最新のカテゴリー6以上をおすすめします。

位置が遠い・建物の構造

原因
  • ONUから遠い位置でスマホを使用
  • RC造で電波の届きが悪い
対処法
  • ONUから近い位置でスマホ・PCなどを使用
  • 無線LANの中継器を利用

木造住宅でのトラブルは少ないですが、RC造のマンションや戸建ては電波が届きづらい構造です。

中継器を途中で経由することで、速度アップ&接続安定に繋がります。

送信側の機器が原因でネットが遅い対処法

機器の故障

原因
  • ONU自体(auひかり、NURO光、コラボレーション系)が故障
  • 無線LANルーターが故障
  • 発熱が原因で不具合
対処法
  • プロバイダーや回線事業者に連絡し、交換してもらう
  • 無線LANを修理 or 新品に買い変える
  • 電源を切る&再起動

ONUが故障することは滅多にありませんが、無線LANルーターはよく故障します(汗)

筆者
筆者

筆者は、無線歴10年のうち3回故障(※〇ッファー〇ー製品)し、3回新品に買い換えてきました。

個人的にはNECのAtermシリーズをおすすめします。

また、無線ルーターやONUは24時間稼動し続けるため、熱を持ちやすいです。
特に夏場などで、電源を切る、リセットボタンで初期化する、再起動するなどで改善することがあります。

IP v4の規格のまま

原因
  • 無線LANルーターなどがIP v4
  • プロバイダーがIP v4
対処法
  • IP v6対応機器&プロバイダーに切り替え

インターネットをする際に、IPアドレスという住所を割り当てられます。
ですが、2019年11月25日に全て枯渇したため、IPv6アドレスがスタートしました。

※IPv4は32ビットで構成→IPv6は128ビットのため、ほぼ無限にアドレスを割り当てらます。

IPv6 説明
メリット IPアドレスが無限に割り当て 128ビット ※2の128乗
IPoE接続で通信が高速&安定 夜間など混雑しにくい
安全性の向上 暗号化通信機能が標準装備。 第三者から解析されづらい。
デメリット 対応機器に交換 5000円~で解決 ※最新の無線LANはほぼ対応
対応プロバイダーに変更が必要 ほぼ対応
IPv4のサイトが閲覧できない 徐々に解決
固定IPが使えない 対応策なし

<IP v6対応済み~確認方法~>

>>あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。をタップ

未対応の場合は、無線機器メーカーへの問合せ&プロバイダーへ問合せをしましょう。
※2022年現在、どのプロバイダーもIPv6に対応していると思われますが、念のため・・・

ネットの利用時間帯

原因
  • 夜間18時~24時ごろはネット回線の利用者が増加
  • 速度制限がかかっている(※WiMAX)
  • 通信障害中
対処法
  • IP v6対応の機器&プロバイダーにする
  • 混雑する時間帯を避ける
  • 通信障害を収まるのを待つ
  • 通信設備を増強してもらう(NURO光など)

ちなみに、マンションタイプでVDSLの場合はシェアタイプのため、光配線方式に変えるしかありません。

電力系の回線(auひかり・eo光など)などは専有タイプかつ、利用者が少ないため、夜間でも安定して利用できる傾向が強いです。

回線種別が原因で遅い

原因
  • マンションのネット回線が「VDSLやLAN方式」シェアードタイプで遅い
  • ADSLやWimax 2+を利用
対処法
  • 光配線方式に切り替え
  • IP V6に切り変え
  • ADSL・Wimax 2+→光回線に切り替え

※楽天ひかりのサイトより参照

<光配線方式(専有型)>
各部屋ごとに、1本ずつ光回線を利用できる(※独占できるため、高速)

<VDSL方式・LAN配線(シェアード型)>

1本の光回線を各戸(電話線 or LAN配線)でシェアする方式

「VDSL方式(マンション内の電話線を利用)」
「LAN配線(マンションに施設済みのLAN配線を利用)」

2つは、住人全員で分け合うシェア度測度が遅くなります。

シェアード(VDSL)→光配線は技術的&管理組合の許可をがやや難しいです。
そのため、IP V6に切り替えることで多少速度アップが見込まれます。

プロバイダー

原因
  • プロバイダーにより、実測が異なる
対処法
  • プロバイダーを変更

光コラボレーションモデルはNTT回線を利用して、各プロバイダーが運営する光回線モデルです。

最大測度値は1Gbpsですが、同じ回線にもかかわらず、実測は異なります。

以下、みんなのネット回線測度の主要なコラボレーション回線を解説します。

  • OCN光:平均ダウンロード速度: 268.15Mbps
  • ソフトバンク光:平均ダウンロード速度: 314.05Mbps
  • So-net 光:平均ダウンロード速度: 299.49Mbps
  • ドコモ光:平均ダウンロード速度: 267.19Mbps
  • ぷらら光: 263.87Mbps (5366件)

引用:みんなのネット回線測度より参照

地域、建物の構造、住居の回線種別、無線LAN機器など、人それぞれですが、プロバイダーにより実測に差がつきます。

まとめ

最後にインターネットの測度が遅い原因をまとめました。

【受信側の機器が原因】
  • 更新アップデートをしていない
  • ブラウザを変更
  • 子機の性能が悪い
  • 有線LANケーブルの規格が古い
  • 使用位置が遠い・建物の構造
  • プロバイダーにより、実測が異なる

【送信側の機器が原因】
  • 機器の故障
  • IP v4の規格のまま
  • 利用時間が混雑時
  • 回線種別が原因で遅い
  • プロバイダーが原因

以上参考になれば幸いです。

   ↓インターネット回線の比較↓  

コメント

タイトルとURLをコピーしました