【比較】HOME L12 VS L11とX11 VS SCR01どれ?

WiMAX

「ホームルータとモバイルルータどっちがいい?」
「L11とL12の違いは?」
「X11とGalaxy 5G(SCR01)どっち?」

など、WiMAXのプロバイダー契約時に、端末を選択する必要があります。

ですが、種類が4つありどれがいいのかわからない・・・・
今回、機種ごとの比較表を交えながら、あなたにピッタリの端末をご紹介します。

ホームルーターとモバイルルーター比較!

WiMAXの端末、①ホームルータ ②モバイルルータの違いを解説します。

メリットデメリット
ホームルーター・固定タイプ(自宅専用)
・電波の感度◎。速度も安定性も◎
・持ち運び×
・サイズが大きい×
モバイルルーター・移動タイプ(自宅&外出先)・バッテリーの持ちが悪い
・紛失や水没しやすい
共通・回線工事が不要
・パケット使い放題
・場所により電波が不安定
・3日で15GB以上利用で、速度制限

モバイルルーター

WiMAXの端末はモバイルタイプのほうが人気です。※本来は外出先で利用することが目的のため
バックやポケットなどに入るため、持ち運びやすいメリットがあります。

ですが、サイズが小さいせいで「紛失したり、故障したり、トイレや洗濯機で水没する(涙)」といったデメリットがあります。

また、機種や使い方にもよりますが、バッテリーの持ちがホームルーターより悪いです。

ホームルーター

ホームタイプは光回線があるため、あまり人気がありませんでした。
ですが、WiMAX5G回線がスタートし、光回線に変わる機種として、注目されています。

メリットは、モバイルよりも速度が速い傾向があり、安定度も抜群です。

デメリットは、持ち運びが面倒&サイズがでかい!という点だけです。

「光回線にしたいけれど、工事が面倒」もしくは「他人が自宅に入ってくるのがいや!」
というあなたには、ホームタイプがおすすめです。

光パンダ
光パンダ

WiMAXのホームルーターはUQ回線(KDDI)を使うよ!

ドコモやソフトバンク回線を使うなら、各キャリアのホームルーターがおすすめ!

参照記事】→ホームルーター(置くだけWiFi)おすすめ最安値&速度比較

【比較表あり】NEC X11 VS Galaxy 5G Mobile

ルータ名 X11 Galaxy5G Mobile
製造メーカー NECプラットフォームズ Samsung
エリア ・5G ・4GLTE ・WiMAX2+
大きさ 約136.0×68.0×14.8mm 約W147×H76×D10.9mm
重量 約174g 約203g
最大速度 下り最大2.7Gbps 上り最大183Mbps 下り最大2.2Gbps 上り最大183Mbps
バッテリー 4,000mAh 5,000mAh
クレードル ×(自立台あり)
チタニウムグレー スノーホワイト ホワイト
最大同時接続数 無線:16台 無線:10台
特徴 ・軽く、速いがバッテリーが短い ・重く大きい、やや遅いがバッテリーのもちが良い。

【X11の特徴】

  • サイズはやや小ぶりで軽い
  • NEC製品で国産のため、安心
  • 最大速度が2.7Gbpsと早い
  • wifi6に対応
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 同時16台接続できる

NEC X11メリットまとめ】

最大600Mbpsとスピードが高速

※ギャラクシーは450Mbpsとやや劣る


また、Wi-Fi6に対応&周波数も複数選択できるため、

場面ごとに速度安定の調整がしやすいです。

またクレードル(※別売)の設置が可能で、デスクトップなどでLAN接続で接続して、受信を安定させたい人にはおすすめ。

NEC X11デメリットまとめ】

端末の操作性が悪く、画面がとてもわかりづらい

WiMAX初心者よりも中級者~の人むけといえます。


また、バッテリーの持ちが悪いため

「自動省電力設定のウェイティングモードの設定」で、多少改善します。

【Galaxy5G  SCR01の特徴】

Galaxy 5G Mobileは自立スタンドがあるため、クレードル(※台座)がありません

  • サイズは大きく、やや重い
  • 台座が搭載されている
  • 操作性が優れている
  • レスポンスが良い
  • サムソン製品で好き嫌いが分かれる
  • バッテリーの持ちがよい
  • 同時10台接続できる

Galaxy 5G Mobileメリット】

5.3インチのタッチパネル式で、操作性はシンプルで初心者におすすめ。


また、画面が大きく見やすいですし、立ち上りや切り替えなどレスポンスが早いです。

※最初から台座があるため、クレードルが不要

Galaxy 5G Mobileデメリット】

Wi-Fi6非対応&最大450Mbpsのため、スピードはX11に比べて低速です。


また自立台が標準装備されているため、クレードルがありません。


クレードルで有線LANで安定して利用したい人には不向きです。

以下、口コミを紹介します。

【比較表あり】Speed Wi-Fi HOME L11 VS L12

ホームタイプルータの L11とL12を比較表を使って解説します。

ルータ名 L11 L12
製造メーカー ZTECorporation NECプラットフォームズ株式会社
回線 ・5G ・4GLTE ・WiMAX2+
大きさ 約W70×H182×D124mm 約W101×H179×D99mm
重量 約599g 約446g
最大速度 下り最大2.7Gbps 上り最大183Mbps
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
有線LAN規格 1000BASE-T(ギガビット対応)/100BASE-TX/10BASE-T/2ポート 1000BASE-T/100BASE-TX2ポート
Wi-Fi6
ホワイト
最大同時接続数 無線LAN:30台 無線LAN:40台 ※OFDMAで遅延対策
電源 ACアダプタのみ バッテリー動作非対応
待機時電力 TWT
特徴 やや重く、接続台数が少ない ・やや軽く、接続台数が多い。 ・通信が安定

L11L12
下り実測平均53.56Mbps46.31Mbps
上り実測平均11.76Mbps7.35Mbps
Ping値平均81.72ms74.02ms
※みんなのネット回線速度より引用
光パンダ
光パンダ

みんなのネット回線速度より参考にした実測データだよ。

「L12が遅い」けど、L12は発売したばかりで集計データーが少ないからかも?

L11の特徴

  • ZTEは中華系の通信メーカー
  • 幅&高さはL12よりコンパクト
  • やや重い
  • 無線機器の接続台数が30台とやや少ない
  • 色はホワイトのみ

L12の特徴

  • NEC:国産メーカー
  • サイズはL11より大きいが、奥行きは小さい
  • やや軽い
  • 無線接続台数が40台と多い
  • OFDMA(安定した速度)あり
  • バンドステアリング(混雑してない周波数に割り振り) あり
  • TWT(バッテリーの消費節約) あり

光パンダ
光パンダ

L11&L12、大きな差はないよ。でも3つの機能は便利だから、L12のほうがおすすめ!

【①OFDMA】wifiの通信規格のこと。1通信で複数台の端末(PCやスマホ)と通信し、混雑時でも通信効率がアップする機能

au公式より参照

例えば、ホームルータを家族複数人(スマホ。PC、タブレット、ゲーム機など)で利用すると混雑します。通信遅延の防止し、通信効率をアップします。

【②バンドステアリング】 混雑していない周波数に自動的に割り振りしてくれるため、安定した通信が可能です。

【③TWT(target wake time)】通信のタイミングを調整してくれ、バッテリーの消費を抑える働き

【比較表】プロバイダーごとの申し込み端末機種

WiMAX回線は全社UQ社。プロバイダーは各社ごとに、料金・キャンペーン、そして申込端末が異なります。

※追記:↓2022年8月最新ではどのプロバイダーも全機種選択できます。

【プロバイダー】 NEC X11 Galaxy 5G MobileL11L12
とくとくBB
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
UQ  WiMAX
カシモWiMAX
Vision WiMAX
DTI WiMAX
ヤマダ WiMAX

 最後に:端末比較のまとめ

メディアガールより参照

今回の記事は、モバイル&ホームルーターそれぞれの特徴や、4種類あるうち、どの機種がいいのか比較レビューしました。

【結論】
■ホームタイプ:接続台数多い&速度安定◎:L12


■モバイルタイプ:初心者で画面大きい&シンプル操作はGalaxy 5G。


コンパクトで多機能端末&クレードルが欲しいならNEX X11がおすすめ。

ホームルータータイプは、やはり最新機種で高速のL12がベスト

↓端末0円&キャッシュ最大27,000円↓

モバイルタイプは好みが分かれますが、初心者ならギャラクシー5Gがおすすめです。

↓端末0円&キャッシュ最大27,000円↓


※上記の動画はホームルーターL11とL12をわかりやすく比較しています。とてもおすすめの動画です。

   ↓インターネット回線の比較↓  

コメント

タイトルとURLをコピーしました